世界は音に溢れてる

 

検査から、聴覚に関係する神経に炎症があるのが

はっきりわかるということで

すぐに治療にはいりました

 

毎日の点滴と

つとめて体を休ませることで

日々が過ぎてゆきます

 

音が辛いという経験は生まれて初めてで

特にテレビやスピーカーからのデジタル音はひどく不快でした

 

めまいがひどくなければ

前にもまして

庭に出て過ごすことが多くなり

そして音にとても敏感になりました

 

自然な音

風や

鳥のさえずりや

木の葉のゆれる音

 

耳鳴りは辛いですが

そうした音はさほど気になりませんでした

 

音が全て不快なのではなくて

どんな音が辛くて

どんな音はそれほどでもないのか

興味深いと思いました

 

そして

 

耳が故障して初めて

聞こえにくいという機能的な不都合だけでなく

音を使って自分がどのように空間を認識しているか改めて気づきました

 

耳が詰まったり音が聞こえにくい状態にあると

まるで自分の体の輪郭と認識しているものが

ぶれたりへこんだりするように感じました

 

短い期間だったので

それらは微かな変化ですが

にもかかわらず

それは多様でした

 

幸いなことに

薬の副作用の辛さをのぞけば

毎日の多様な変化も

回復の方向に向いているのが自分でもわかりました

 

耳がつまった感じが解けたときは

自由になった感じがしました

同時に

体が持つ回復するという力にとても感動しました

 

音に敏感になる経験をして

世界は音に溢れているという

当たり前のことに気づき

回復した今

それらの音がとても心地よく感じます

 

そして

音への意識がより繊細になったように感じています

 

精神的にもとてもチャレンジングな経験でしたが

そしてとりあえずは回復したからこんな風に言えるのですが

気づきの多い経験でした

 

聴力は今のところすっかり回復し

あとはしばらくお薬を飲むだけです

もちろん先のことはわかりません

 

ですが、とりあえず

まだ聞くと言うことを通じて

世界を探検する機会が与えられて

とても感謝しています

 

ぼちぼちと

また始動していこうと思います

 

 

Deep Gratitude

 

 

DA54D005-115C-4B4B-9AF3-169C84233F9D

我が家の猫が井戸の上でくつろぐことから
とうとういつの間にか、私も井戸の上に座ることに慣れてしまいました・・・
視線の先は我が家の「ぼんちゃん」です

 

 

 

待つ

25E2B98F-C637-478E-B999-976EF40DE0CF

病院の桜 毎春素晴らしい景色

 

 

専門の検査が必要なのは明らかだし

週末が明けるのを待ちました

 

その間、思いつくことは

とりあえずやってみました

 

その時に心がけたのは

できるだけ

優しく

控えめにすること

 

焦っているし

不安も手伝って

気持ちは、どこか

いまにも走り出しそうな勢いだから

 

このような時はどうしても

やり過ぎてしまったり

不必要な力を加えてしまいます

 

そうなると

裏腹の作用をもたらすことを

ヨガの経験を通じて知っているから

 

何を試すにせよ

毎回呼吸とともに

 

感覚に耳を澄ませて

控え気味にして

様子をみました

 

誰かが twitter で

このコロナウィルス危機について書いていたのですが

 

 

こんな時に必要なのは先見の力でなくて

「待つ力」です

世の動きと自分を静かに見つめる

未来でなく今をみつめる

それを今まで私たちはしてこなかった

 

 

この言葉を見たとき

とても共感したから

 

そしてこれはおなじみの練習

 

反応で動かないで

状況をよく眺めて

選んだことに

心を注ぐ

 

待つということで

より良い選択が可能になるような

空間が開かれるといいなといつも思います

 

待合のベンチで

名前が呼ばれるのを待ちながら

手を使わずに

Nadi Shodhana をしました

 

耳鳴りの真っ只中にも

穏やかさが

にじみ出しました

 

 

 

9D0D8073-59A2-425E-A814-C6490D1C11A8

 

いきなり

 

耳?

 

そう、耳は当たり前に側頭についてて

音は自然と聞こえてきて

 

それについて考えるとか

改めて意識することが

 

あまり

多分

 

ない

 

私もありませんでした

つい最近までは

 

子供の頃から

すこぶる良い聴力で

音感も良かったから

耳は良いと漠然と思っていたので

そもそも

自分の体のその器官は

そこに存在しながら意識の上では存在しないような

 

3月も終わり

土曜のクラスを指導したあと

電車に揺られている時に

左の耳がおかしいことに気がついた

 

左の耳がなんだか詰まった感じがする

あの気圧が変化する時の感じ

 

耳抜きを何回かやってみるが

変わらない

 

うん?

ま、そのうち抜けるかな・・・

 

残念ながらそうはいかなかった

 

耳は夜になっても詰まったままで

低いぶーんという音がして

時々、軽い痛みがある

 

耳を引っ張って頭の芯の緊張を緩めると消えるかも・・・

他にも頭や耳・目の周辺をマッサージしたり

bumblebee の呼吸法をやってみたり

 

まあ、一晩寝れば治るかな

 

でも、翌朝起きても

期待通りの変化はなかった

 

音は、くぐもって

厚い膜の向こう側から聞こえてくるようだった

 

右と左と

手で押さえたりして音を比較する

あきらかに左の音が小さい

 

とりあえず仕事に向かう

 

片方の耳が聞こえにくいというだけで

あらゆるところに影響が及ぶのを感じる

 

自分の声が適切な大きさなのか

小さすぎるのかがわからない

 

なんとも言えない不協和音と

不器用なリズムが

私の中を通り過ぎていく

 

音がいつもと違うように聞こえるだけで

空間までが歪んでいるような気がする

 

これは

 

おかしい

 

同時に

 

でも、数日で消えるのかもしれない

というささやきが頭の中を通り過ぎる

 

それが

そうであったらいいなという

私の希望だということも

無視できないほどはっきりと

実感としてそこにあった

 

いろいろと調べ

体の専門家数人にも聞いて

思いつくことやって

 

その夜は

しんとする静寂の中で

右と左と

 

その感覚に耳をすませ

 

いつの間にか眠りに落ちた

 

 

 

 

読むこと

 

今日は明日の講座のテキストを見直していました

 

最近、近視が進んでしまったせいか

目がひどく疲れやすく

本を読むのが億劫になっていました

 

そうなると

読むという習慣がついつい疎遠になりますので

読みたいんだけど・・・読めない・・・

と思いながら日々が過ぎて行きます

 

身体的に不都合なことがあると

つい、避けられない変化は如何ともし難く・・・と

理由つけて納得したくなり

仕事に必要な最小限さえカバーしたら

趣味のものは、またいつか・・・

とあきらめ気味でした

 

今日もテキストを読みながら

読むということをめぐって

そんなことが頭をかすめてゆきました

me, both the.JPG
日本語訳だけだと迷子になるので英語訳も一緒に。サンスクリットで読めるほど精通していない限り「翻訳」という作業が必ずどこかでなされているので、私はいろいろなマテリアルを上手く使いたいと思っています。

 

そしてふと

閃くものがありました

 

そういえば・・・

我が家のシニアたちは

70、80になっても

また90に手が届きそうでも!

結構な量の読書をします

 

 

母は随分な年齢なのですが

空いてる時間

やはりとても集中して本を読みます

 

 

彼女が集中しているのがわかるので

私もできるだけ邪魔をしないようにします

 

 

叔父や叔母たちも同様で

研究者という仕事柄もあるのでしょうが

読むということへの熱意には驚くものがあります

 

 

もちろん彼らの誰もが

年齢とともに視力の衰えや軽い故障を経験しています

 

 

それでふと父が亡くなった時の光景を思い出しました

お通夜で遺体の側に交代して付き添うのですが

その時、仕事の合間に駆けつけてくれた叔父たち叔母たちは

交代して休む時、やはり何か読んでいました

多分、読む必要のある論文や資料だったのだと思います

 

 

それは、ちょっとシュールな光景にも思えますが

同時に不思議に日常でもありました

 

 

彼らは父の遺体に交代で付き添い

思い出話をかわし

残された家族を思いやり

駆けつけてくれた人たちの対応をし

急ぐでもなく、粗雑にするでもなく

隙間ができたら

自然と今できることをするという感じでした

 

 

その周りは静かで穏やかだったのを思い出します

 

 

生活という日常を考えると

私たちはいろいろなことと関わりながら日々を暮らしています

時間と体力と興味と義務と

それらをその時の優先順位に照らし合わせて

天秤にかけながら

工夫してそれらと向き合う

 

 

母たちを見ていると

それはいずれ工夫を越えて

自然になるのだろうなと思います

 

 

私も読むことを諦めないようにしようと思います

 

そして目が疲れるから減らそう・・・でなくて

そのためにできることをしてみようと思いました

 

 

目を休ませる時間をとって

目を疲れさせない工夫をして

読むことの習慣に戻れるように

 

 

何かの答えを求めて読むことは最近減りました

ただ、読むことを通じて

私は豊かになります

 

 

それは忘れているものを蘇らせたり

見えていなかったものに気づかせたり

読むことは私に喜びをもたらします

 

それを失わないようにしたいなと思いました

 

 

まずは手始めに

ディスプレイに向かう時間を減らそうと思います

 

 

秋ごろにはどんな変化があるか楽しみです

仕事の仕方

 

 

金継ぎを習うようになって

改めて大切にしたいなと思うことがあります。

それは道具の扱い方と

始まり方と終わり方です。

 

毎回、そのことに気をつけて

練習するよにしています。

 

作業はただその扱っているものを

綺麗に制作したらそれで良いというのではなくて

その道具類一式をどのように扱うかも

創るということの内だということを

先生方を見て学んでいます。

 

 

これは今日の作業の一つ
ぱっかり割れたところを刻苧で埋めて磨いたもの
漆の作業はひたすら磨くことです

 

 

 

茶道のようなものではないので

扱い方に型があるわけではないのですが

毎回の作業の段階で

道具とその場を効率よく

でも丁寧に綺麗にすること。

その一区切りが次の作業に影響してゆきます。

 

型は封じ込められて苦しいという考え方があります。

 

でも、ヨガを実践するようになって気がついたのは

型と取り組むことで

解放することを学ぶということでした。

 

型はそれに囚われていると苦しい。

型はうまく使っていくものだと気がつきます。

 

漆の作業という場面で

私なりの無駄のない動きを探しています。

 

それは作業そのものだけでなく

私が創るものもやはり変えていくだろうなと感じています。

 

それに関係して

ふと頭に浮かんだことがあります。

 

仕事でもなんらかの作業でもそうなのですが

最近、自分が扱っているそれさえうまくいけば

あるいは小綺麗にまとまれば

周りの状況には無頓着という姿勢を

目にすることが多くなったように思います。

 

自分が関わる作業さえ問題なければ

道具類が散乱して他の人の邪魔になっても

また、扱い方が乱暴で

周りのものを破損したり汚したりしてしまっても

気にならないようです。

 

作業に限らず、いろんな場面で

周りに気を配る人が減ったように感じます。

 

美しく作業する人は魅力的だと私は思います。

 

私が実践しているヨガでは

どのようにその空間の中で自分のマットを敷くかから

次の人が使いやすいように整頓してプロップを片付ける

一緒にその場にいる人のことも配慮するなど

周りへの意識を持つことも

アサナと同じように大切なプラクティスです。

 

それは

アサナが体に及ぼす影響と同じように

私たちの日常に

私たちのあり方、生き方に影響を与えます。

 

今、そうしたことは重要ではないと

考えるのかもしれない。

 

それは時代・価値観の変化で

失ったものの代わりに何かを得たのかもしれない。

 

でも、私などはそれを残念に思います。

 

 

 

一流の人の特徴

 

 

SNSに上がってくる記事には

注意を引くようにセンセーショナルなタイトルがよくついてて

それで読んでみたりすると

結局、たいしたことは何も書いてないのが多いというのが

私の印象なのですが

文化から政治・経済にいたるまでお手軽で三面記事のように

ついざっくり目を通してしまったりします

 

 

今朝、ふと目に入ったのが

「一流の人は人から嫌われても気にしない」というようなタイトル

ほぉ、と思い、どれどれと読んでみました

 

 

ヨガを指導するという仕事について

自己受容や自己信頼

あるいは、本来の自分などということについてどう伝えるか考える機会が増え

それらの延長線上にいつも浮上してくるのが

多くの人が周りの視線を気にして自分らしく生きられない

嫌われたらどうしようと不安に感じているということでした

 

 

それは、自分らしさを表に出せない

出し方がわからないということから

期待される役所を演じることに一生懸命になったり

自分らしさが置いてきぼりになって周りの力に振り回されたりと

いろいろあるだろうなと思います

 

 

それについて何かヒントになることが書いてあるのかな?と思って

読んでみたのだけれど

内容自体は取り立てて目新しいものではありませんでした

 

 

ただ

嫌われても気にしないとか

周りから人が去っていくことを恐れないとか

時間を大切にするとか

そういうありきたりのアドバイスの中にひとつ

あぁ、これはそうだろうな、と思うものがありました

 

 

それは

好き嫌いで仕事している(そのように表現されていました)

ということです

 

 

企業だとたくさんの人が一緒にあるいは連携して

仕事をするわけですから

そこを好き嫌いで判断するとまずお仕事にはならない

そのような姿勢では「一流」には程遠く

また、それが論旨ではないだろうと思います

 

 

それは仕事を個人的な嗜好で選り好みしてるとか

クライアントの好き嫌いで対応をかえるとかそういう意味ではなくて

多分、自分の好きなもの

自分が共感するものを大切にして

それが仕事をする上で

あるいは生き方の軸になっている

ということなのだろうと思います

 

 

私がこの記事を読んで

頭に浮かんだことは

いろいろな場面において選択をする時に

共感したり共鳴できたり

心地よかったり

 

私の言葉で言うと

心に閃くものを感じてたり

ピキンと響くものがあったり

 

(ここで言う)一流の人たちは

それを無意識に選んでいる、ということだと思います

 

 

そこに働いた勘に抵抗しないこと

 

 

経験からもたらされる勘

あるいは

何とは明言できないけど語りかけてくるもの

それらに正直であること

 

 

直近のあるいは目算する損得よりも

大切に、優先したいと思う

物や人や事

タイミングから小さなやりとり

あるいは間(スペース)にいたるまで

それに耳を傾けること

 

 

その記事の中では「信念が同じ」という言葉で表現されていましたが

私が思うに、それは

響き合うものを

その人や物や事と分かち合っている

ということなんだと思います

 

 

響き合うものの交流があり

共鳴や共有する形が生まれる

 

 

 

 

ここでは一流の人はそれを大切にすると書いてありましたが

それは何も社会的に成功を納めた人

に限定されるものではないだろうなと私は思います

 

 

例えば

ヨガというような自己探究の道では

歩みを進める度に一皮一皮剥いて

あるいは一枚一枚層を貫いてより深く内へと潜り

苦しく、また抵抗を感じるそれらの経験を重ねて

見知らぬ自分とより親密になってくると

そのような勘はいつの間にか身についてくるように思います

 

 

もちろん

道などと言わなくても

人生において多様な経験を重ね

同時に思慮深さが育つと

そのような勘が自然と育ってゆくのだろうと思います

 

 

社会的に一流になるかどうかは私にはわかりませんが

それは自分らしく

そして心地よく生きるエッセンスだと私は思っています

 

 

心に閃くもの

 

 

それを私は大切にしたいと思います

 

 

ヨガの仕事につくようになって年月を重ねていると

ますますそのような選択をしている自分に気がつきます

 

 

それはまた

私をリラックスさせ

そのことがまた少し私自身を本来の自分に近いところへと導きます

 

 

それは本来の生身の自分の深いところで響くものです

いわば

感度の良いアンテナのような

あるいは

障害物のない開いたチャネルのようなもの

 

 

それはそのまま活かしたい

 

 

文字通り

生かしてあげる

 

 

その時

本当の意味で

周りがどのように思っているかなどという事は重要ではなくなり

私たちは、間違いなく自分らしくあって

そして心地よくいられるのだと思います

 

 

そうした選択を重ねる事

その選択は必ずしも心地よいものではないかもしれない

 

 

ですが

それは自分を解放するだけでなく周りも解放し

そして私たち自身を豊かにする

 

私はそのように思います

 

 

 

OM

テツガクする

43F068BC-2520-4509-939A-3E0EF462C6BF_1_201_a

Rumi

ヨガについてヨガの人が話す時

力がこもるのはなぜだろう

 

ヨガを実践するところから

指導するところに至るまでのどこかにいると

 

そのことを話す時

そこに熱を帯びている

いや正確には

それは何かの宣言のように

立ちのぼってくる

 

力のこもり方とか

熱っぽさとか

時に焦げ付いた匂い

 

宣言という言葉を使ったのは

ニギリコブシとか

力みを感じたりするから

 

その熱は

別の言葉にすると

情念なのかもしれない

 

ヨガが素敵なのは

そしてヨガの恩恵は

多分、その熱っぽさが

ある意味無くなることなんだと思う

 

そのものとの間に距離があり

そのものとの間に空間がある

 

そして多分

それは言葉の表面的な強さや柔らかさ

激しさや親切さとは関係のないところにある

 

言葉が穏やかな時でも

あまりに対照的に

そこに浮き上がったものが

より一層揺さぶりをかけてきたりする

 

しがみついた意図や

婉曲の彼方に

 

哲学的に正しくあろうと執心することと

アサナに溺れることと

 

その二つから距離を置いたところに

おだやかさと

静けさと

慈悲がある

 

それはどこかに「行く」ことではないし

何かに「なる」ことでもないだろうと思う

 

そのことはつい忘れがちになるんだけど

それを心に留めておきたいなぁと思う

 

深まれば深まるほど

言葉は不十分で

言葉にはならなくなるんだと思う

 

SNSという場所で

ヨガについてなんて

話せるはずもない

 

それは実践の場にのみ

気づきとして立ちのぼってくる

 

ますますもって

そう思う

 

そこを行ったり来たりする自分

それを忘れないでおこう

 

 

 

 

OM