片付けと記憶

 

 

昨年よりぼちぼちと時間のある時にお片づけをしています

いろんなものがいっぱい出てきます

 

きちんと振り分けたり処分や整理せず

とりあえず仕舞い込んであったものたち

 

いや

どちらかというと

突っ込んであるというのが近いかな

 

忙しさにかまけると

そしてまた前ばかり向いて走っていると

それらが存在することすら

すっかり頭の中からきえてしまっています

 

まるで

透明人間になるマントをかぶると見えなくなるように

そんなヴェールに包まれて

そこに置いてあったものたち

 

お片づけって

利便性や衛生のため

空間を作るため

美意識のため

などなど

 

色々理由はあると思いますが

効率的に処分し管理する機会だけじゃなくて

有形無形のいろいろなものに出会う機会でもあるなと思いました

 

 

先日は机や書棚まわり

院生時代のものを一掃しました

 

たくさんのノートやメモ

テキストに文献のコピー

そして本

 

 

IMG_E4942

授業のメモ こんなものまで残ってました
じっと眺めて読むと面白しろい
好きなテーマはやっぱりわくわくします

 

 

引き出しの中はがらくたでいっぱい

 

大叔母の日本髪の写真

貝殻

母が名前を書いてくれた幼稚園の名札

織り、金属、和紙でつくられた美しいしおり

かちかちになった消しゴム

猫のカードたち

お土産の乗り物が動くペン

短くなった色鉛筆やコンパス

底にはビーズとクリップがほこりまみれ

そして

 

大量の写真

 

改めてそれらを見ることで

すっかり忘れていた記憶が蘇ることもあれば

また同時に

全く記憶にないものまで

 

 

普段こんな風に振り返ることはほとんどないから

今回のお片付けは

自分の変遷とこれまでの軌跡を

ちょっと遠くから眺めるいい機会になりました

 

この写真に写っている私は確かに私なんだけど

私だったんだけど

 

誰か知らない人で、そしてとてもとても近い人という

 

不思議な感じを抱いています

 

 

可能なら会ってみたいなぁ

会って話してみたい

 

 

その不思議な感覚と同時に

自分のこれまでをとても愛おしいと思いました

 

長い年月もほんとうに一瞬のようです

 

たくさんの山も谷もあったと思うけれど

残っているのはやっぱりそれらの道のりが素敵だったということ

いろんな経験を積んでたくさんのものを受け取っていることに

あらためて気づきます

 

どちらかというと

前のめり

視線は未来に向いてしまう

 

だからこれからも多分振り返ることは

あまりないだろうなって思って

写真もほんの少しだけ残して

あとはシュレッダーに

 

この話をしたら

友人は笑ってました

 

もちろんひょっとしたら

いつかそれらを眺めたいって思うのかもしれないけれど

 

本当に大切にしておきたい宝物を

お菓子箱1つ位に収まるほど残したら

あとは思い切って

斬新的に

処分しました

 

すっかり忘れていたもの達なのに

それでも片付けると

なんだか軽い

 

何もかも私の中にある

 

だから

大丈夫

 

そう思いました

 

そしてお片づけは続きます

 

 

LOVE

 

 

霧に漕ぎ出す

 

乗客の期待とはしゃぐ声を遠くに

潮風の心地よさで、体も心もふわりと解放された

その久しぶりの感触に驚いている自分を小気味よく感じる

 

海と空が溶ける水平線にぼんやりと目をやり

清々しい風を楽しむ

 

IMG_E4258

 

稀な時間

 

こんなにも海を欲していたんだと

自分でも意外なほどで

 

先を急いたり

予定したり

準備やら

思い煩うことが

すっかり頭の中から抜けてしまった

 

こんな風に頭が休んだのはいつぶりだろう?

 

IMG_4271

 

いや、そんなことはどうでもいい

 

だって、これほどに軽く

そして風通しいのよい感触だから

とにかく満喫しよう

 

この感触をすっかり忘れてた

 

 

右手の遠くに自由の女神が見えると

観光客が写真や動画を撮ったり

さえずるような話し声が絶えず

ビーチに向かう一行はまるで海の泡のようだ

 

肌に感じる潮風と

内にも外にも広がる穏やかさで

今日の海岸での時間は

とても素敵なものになるだろうってわかってた

 

IMG_4272

 

ふと、気がつくとあたりの景色が

柔らかな光を帯びてぼんやりとしている

 

そして、ほどけた綿菓子のような霧の波が

ゆっくりと船を横切っていった

 

 

 

船はいつの間にか速度を落としていた

 

水面を漂う水蒸気の集まりが

だんだんと虹色を乱反射する薄銀色の幕に変わる

 

幕はより一層濃く厚みを増し

景色はそのヴェールに包み込まれてゆく

 

興奮気味だった女学生ぐらいのグループの話し声は

だんだんとトーンダウンして呟きに近く

その声には、言葉に上がらない不安が漂っていた

 

 

 

私はといえば

その現象に魅了され、霧を楽しんでいた

霧に包まれるのは久しぶりだったし

それが海上となると初めての経験だったから

 

振り返ると、白い光を放ちながら

海にぼんやりとしたアークが浮かんでいた

 

 

IMG_4276

 

 

船のエンジンの音が響く中

虹がまるで祝福のように伴走する

 

あたりはさらに深い霧に包まれて

前の席に座る女性の頭もぼんやりするほどだ

 

遠い昔、アラン島だったかの話を読んだ時に

頭に浮かんだ光景と同じ

 

深い霧はひんやりとする

その水滴で

肌は潤い、そして冷えていった

 

IMG_4278

 

un fore seen

 

前方が・見え・ない

そしてもちろん後ろも見えない

 

予期せぬこと

 

人生はそれに満ちている

 

 

 

この霧はどこまで深くなるんだろうか?

海の上のはずなのに

中に浮いているようだ

 

感覚はいつも通り「私」の居場所を探ろうとする

 

何も見えない

 

このルートは coney island が左手のはず

 

 

 

dis oriented

 

定位置から・遠のく

 

海の上なのか

海の底なのか

岸に近づいているのか

ただ漂っているのか

 

人は慣れない出来事に抵抗しさまよう

 

 

 

私はどうだったのだろう?

 

ふと頭をよぎる記憶

私は二度あやうく水難事故を逃れた

 

 

 

一度目はとても小さい頃

夏の琵琶湖で

浮きが腰まで下がって頭が下になって起き上がれなかった

ばたばたしていたのだろうけど

多分苦しかったのだと思うが

私の目には、そこにいるはずのない

とても鮮やかな赤い色の金魚が映っていた

気が付いて救い上げたのは父だった

救い上げられて泣き出したのを覚えている

 

IMG_E4294

 

 

二度目は学生の頃

波乗りに行った高知で

台風が来る前の河口だった

大きくうねる波に飲まれて

海底をずるずると沖に引き込まれた

なんども岸に向かおうと砂を掴むのだけれど

沖へと引き込む力は抵抗できるようなものでなく

その内、疲れてしまって

抵抗をやめた

 

すると波が

まるで怒りが慈悲へと振り替わったかのように

その力をゆるめ

そのまま私を岸の方へと押し戻したのだった

 

あれは言葉にはできない不思議な経験で

あの時一緒だった友人たちにも

実はこの話をしていない

言葉にできなかったのと

自分でもそれをどう理解していいのかわからなかったから

 

それに、みんな、私が溺れていることにすら気がついてなかった

 

 

IMG_E4295

 

水に惹かれる

 

怖いと思ったことはないように思うのだけど

同時に恐れてもいるんだと思う

 

あるいは予期せぬ現象を楽しむような

あの穏やかさの底を流れていたのは

方向を見失ったという不確かさだったのかもしれない

 

 

 

霧の向こうに薄ぼんやりと丸い輪郭が浮かび上がる

 

朝なのか夕なのか

今という時間でありながら

それはどこでもないようだった

 

霧の中の時間は

幻想と現実のあわいのようだ

 

IMG_4309

 

 

目前にゆったりと鉄橋が浮かび上がると

水面が陽の光を反射する

 

霧が少しづつ晴れると

後ろの女の子たちがぼつりぼつりとまた会話を始めた

 

そこから左右に幕を引くように

あのほどけた綿菓子がいくつも漂い出して

水面にダイヤがばら撒かれる

 

 

IMG_4280

 

岸よ!

 

後ろで声が上がる

 

おぼろな霧の名残の向こうに

緑の岸が見えた

 

安堵がデッキに広がり

同時に私は少し残念な気持ちを抱く

 

IMG_4303

 

どこに向かおうとしていたのか

どこから向かってきたのだったか

今どこにいるのか

 

何度も見失い

何度も軌道らしき方向へと戻る

 

その彷徨う時間を

愛おしいと思う

 

 

 

 

 

ヨガで着るもののこと

 

ヨガのウェアはコットン素材が好きです

普段のものも天然素材の方がやはり好きです

 

ヨガウェアは他の素材を試したこともありましたが

結局、コットンに落ち着いています

自然素材が好きなのは

肌が呼吸できる感じがするからです

肌呼吸の感触は

特に自分がプラクティスする時、大切にしています

 

色も柄も楽しんだこともありましたが

結局、原点回帰して

白、黒、グレー、紺、茶などが落ち着くので好きです

 

もったいないので手に入れた華やかなものも着るようにしていますが

好きな色で、心地よい素材のものに

つい無意識に手を伸ばしてしまいます

 

 

IMG_4253

とにかく肌感触の良いものを 赤以外はオーガニックコットン素材です
フューシャは私にしては珍しいですがお気に入り
赤いのは今は無くなってしまったメイカーのもの
コットンではないのですが旅行には軽くて速乾性があるので重宝します

 

 

肌触りの良いコットン素材で色が落ち着いたものだと

普段の服に合わせることもできて便利です

新しく購入する必要のある時は

練習や指導以外の場面でも使えるように考えます

 

また普段に着るTシャツやタンクも練習で使います

 

環境のことも考慮し

可能であればオーガニック素材を選ぶようにします

プラスティックがもたらす環境への影響を意識して素材選びをする方も増えてきましたね

 

たくさんのものを手に入れた時代もありましたが

今、新たに購入するなら色々な側面から厳選して

そして増やさないように心がけています

 

そうするといろんなことがシンプルになってきました

 

よりシンプルにいきたいと思っています

 

OM

 

 

 

色々な時間を超えて

滞在もあと少しになりました

今年は短くて

時間が早く過ぎる気がします

 

IMG_4096

 

それでも

毎日はとてもゆっくり

NYC滞在はいつもできるだけそのようにします

 

日本での日々はものすごく早いスピードで

またとてつもない情報量をやりとりするので

本当に休まる時間、というのがあまりないようにいつも感じています

なんというか追われている感じ

ここまできて、やっと一息つける感じです

ここでの時間は私にとってかけがえのない貴重な時間です

 

IMG_4104

Trouble という名前のこの子はやはりその名の通り
猫がそばにいるだけで、私は心穏やかになります

 

 

自分自身をケアし

自分自身の気の向くままに過ごす

ヨガを教えるということの延長でここに来ているように思われますが

私にとってNYC滞在はとてもプライベートな時間です

とても個人的な時間

 

ここにいる間に、ストレスや無理で固まった体も心も

ゆっくりと溶けてゆきます

 

怪我を抱えているので

セラピーやプラクティスでは

気持ち良い、心地よいだけじゃなくて

やっぱりチャレンジだったり

辛かったりすることもあります

 

IMG_E3987

♡も受け取るには「開く」必要があるね

 

そういう時は、それらがじんわりと薄らぐのを待ちます

大概の場合、それらは言葉で表せるものではないし

また言葉に表したところで他の人が理解できるようなものでもないので

ほぼ、口にすることはありません

 

ただ、よく耳を傾ける

 

自分の痛みにも

それをめぐる多様な感情にも

その時間を大切にするようにしています

 

どんな状態でも

自分と向き合うことができる時間が

たっぷりあるというのは本当にラグジュアリーです

 

一昨年あたりから、私自身のプラクティスはだんだんと変わってきました

何もかも変化するわけですからそれも当然だと思っています

今年は特に、痛みの軽減に力を注ぎたいというのもあって

NYCでもいつもの先生たちとのセッションやプラクティスに加え

新しいボディーワーカーの先生たちの元にも通いました

 

たくさんの気づきを受け取り

体の感覚も繊細になり

そして、痛みは随分軽減されて

歩き方まで変わりました

 

ここまでくるには、本当にひとつひとつ

丁寧に取り除いていく作業の積み重ねと

行きつ戻りつ、小さな希望と小さな落胆を繰り返しました

そして

好奇心をもって眺め、届き、回復を待つことを改めて学びました

それは体の上でも心の上でも

 

セッション以外にも、日常において

それを意識し、それだけに集中することができる環境にいることができて

本当にありがたいなと思いました

 

痛みが理由ではなく(もちろんきっかけにはなりましたが)

私にとってのヨガは狭い意味でのヨガには収まらないように思います

それがここ数年でだんだんと明確になってきました

それはより一層豊かになることに繋がっていると私は思っています

 

 

ここで出会った先生たちとのボディワークの時間は

私にとってなくてはならないものになりました

ヴィンヤサ を含め好きな先生とのヨガは

痛みが軽減したことでさらに繊細さが増しました

そしていくつかの

今の私の体にはもう合わなくなってしまったプラクティスは手放しました

 

IMG_4033

今年の Pride は50th Anniversary ということで盛大になりそうです

 

 

ついいつまでも同じように続くと私たちは思うけれど

全ては本当に変化してゆくなと思います

変化にはもちろん複雑な気持ちも伴います

 

でも

今の自分自身が心地よいと思うこと

自分のウェルネスに必要なこと

自分自身が惹かれること

自分が好きなこと大切にする

 

IMG_4105

自分が好きなことを見つける

 

 

時にそれをするのには勇気が必要になりますが

転換の時期を迎えて

それでも恐れよりは喜びを

抵抗よりは好奇心を感じています

 

 

残りの滞在もいい時間になりそうです

 

 

Love & Light

ふと気づいたこと

 

最高のプラクティスの後 ファラフェル片手にご機嫌

 

滞在が半ばまできた

 

まだ後半分あるのだけれど

同時にもう半分しか、の声も時々よぎる

満たされて、幸せな感じと、少しの寂しさと、ちくっとする何かと

それでも毎日何かしらインスピレーションを受けとって

またペースダウンした穏やかな日々を楽しんでいる

たくさんのことを感じたり

とりとめなく考えることに没頭できて

いい時間だなと思う

そして随分力を抜くことを覚えた

 

 

 

外で食べるよりは自炊 野菜もハーブもたっぷり使う

 

NYCに来ても、生活は日本とあまり変わらない

5年ここに住んで、帰国して以来10年

毎年NYCに戻ってきたから

この街が変化する様子を

その中に紛れて、また、少し離れたところから眺めてきた

 

残念に思うものもあるし

寂しく思うものもあるし

また、いいなって思うものもある

 

 

この季節のNYCの空はとても青い

 

この街はとてもインディペンデントな精神に溢れていて

人は活気に満ち、私たちが思いやりと呼ぶそれとは少し違う優しさがある

それがとても魅力だった

 

だったと書いたのは、今どことなくそれらが薄れているように感じるから

何かを目にしたわけでもないし

何かを経験したわけでもないのだけれど

 

相変わらず、私の周りの人たちは

活発に動き回り、経済活動と精神世界のバランスを取りながら

美しく、気配りがあって、そしてスピリットに溢れてる

 

15年の年月の間に街の風景も大きく変わった

以前にも増して、均質化への流れが強く

地区ごとに特色のあった風景もだんだんと似通った感じがする

 

新しいお店は、こぎれいで小洒落てるけれど

大抵は、どこかで目にしたことのある何かに似ている

 

アメリカらしい荒っぽさと自立の精神と

都市がもつ生々しさと同時に洗練された視線と

この街の魅力はガイドブックに収まりきらなかった

 

 

猥雑さと洗練がいつも隣り合わせ

 

リベラルで

インディペンデントで

エネルギーに満ち溢れて

同時に抑鬱と疲労と焦燥があって

いろんなものがごっちゃに猥雑に混ざり合い

違いも何もかもをそのままに

またその違いゆえに、届こうとすることを諦めない

 

それが私にとっては本当に魅力的だった

NYCのそこに惹かれ

そんな場面に触れるたびにわくわくした

 

まだ留学以前

文化と身体性について博士論文を書いた New Yorker と

NYCの魅力について話をする機会があって

その時に彼女が「あぁ、これはねバイアスだっていうのは自分でもわかってるの・・・

わかってるんだけど、でもNYCはやっぱり特別だわ、他にはないって思う」

って話していたのをふと思い出した

 

そう、私のこれももちろん偏ってて

そして思い入れなんだろな、とは思う

 

同時に

多分、NYCのスピリットだと私が思っているもの

NYCのそこがたまらなく魅力的だと私の目に映ったもの

それらが薄らいでみえるのは

多分、私の中にそれが育ってきたからなんだと思う

私の中にそれらが根付いた

 

 

 

i ♡ nyc

 

NYCは

もちろん魅力がたっぷりで

ここでしか手に入らないものがあって

そして、ここに来ないということは、やっぱりないだろうと思うけれど

多分、私にとって、ここに来る最も大事な理由だったものは

受け取った感じがする

 

だからだと思う

NYCは本当に普通になった

本当に普通

それをほんのり嬉しく思う

 

 

much love

 

 

 

SNS

 

 

IMG_0875

海と空の界が見えないほど一体で、同時に明らかに二つだった昨日の美しい風景

 

ソーシャル・ネットワーク・サービスって

どうそれらと付き合ったらよいかな?

というのは、常に頭の隅にいつもあります

 

仕事柄それらを使うことにはメリットがありますし

また使わないわけにもいかないのが現状です

 

それらに悩まされるほど

不都合を感じたことはないですが

気がついたら膨大な時間が注ぎ込まれてた

というのは避けたいなと思います

 

一方で目を通しておきたい

時間をかけて読みたいと思うような

記事もたまにシェアされていたりしますし

また、人が何に興味をもち

どういう考え方に共感を

あるいは反感をもつのかということも

ざ~っと目を通すだけで

時に明確に、時にうっすらと見えるので

そうしたことから

自分の意見と対比させたり

自分の立ち位置を再確認したりすることにもつながって

それもおもしろい

 

ざ~っと目を通すだけ

 

なのに

意外と時間とってたりするので

そこは極力さらっとを心がけるようにしています

 

私が発信するものも

私自身の価値観を反映しますし

仕事の内容であれば

誰に届きたいのか

何を伝えたいのか

何を大切にしているのかということも含め

意図しても、また意図しなくても

時には強く明確に

また時にはにじみでるように包まれて

メッセージを発信しているだろうと思います

 

もちろん

発信しないということもまた

その価値観や姿勢を断片として表わしています

 

写真を含め

添えられた文面や意見は

読む人が

自分の視点や価値・世界観からそれを受け止めるので

自分が意図したものとは違う形で

理解されたり、受け取られることがあるということも

おぼえておく必要があるなと思います

 

それは映像でもまた文章でも変わりないですし

また、コントロールできるようなものではないので

私自身は、まぁ

「読みたいように読んでください」

というスタンスでいます

 

誤解とか曲解というものもおそらくあるだろうと思いますが

それは、もう、どうにもなりません、笑

 

SNSは便利ですし

ある特定のイメージを構築するには

手っ取り早くまた効果的であろうと思います

 

同時に

それは内容を伴わないイメージだけかもしれないです

 

あるいは

自分が見たいものをそこに見てしまう

ということもありますね

 

ビジネスでの告知ということを別にすると

私自身は

私の好奇心を掻き立てるものを

私が感動したり美しいと感じるものが描かれたもの

私が興味をひかれるものに絞って

断片を収拾するのにSNSを使いますが

もちろん断片なので

そうしたものでは、ほとんど

どこにもたどり着かないです

 

掘り下げたいと思ったら

より専門性を求めて探る必要があります

 

それらは大概

SNSのレベルでは手に入らない、と私は思っています

どれほど

詳細に書いてあっても

一見、説得力あるようにみえても

 

それぞれに特徴があり

またジェネレーションも関係して

使い方も様々で

どのようにこれを使うと効果的ですよ

といった指南書みたいなものや

アドバイス的なものもたくさん出回っているようですが

あんまり鵜呑みにしないのがいいだろうと思います

 

SNSの世界は現実ではない

 

というか

あるとても限られた一部を切り取ったもの

 

あるいは

断片がもたらす幾つもの仮想世界

 

そのことが、その状況が、その人が

見えたような気にもなりますが

実際のところは

 

ほとんど何も見えてはいないです

 

自分が発信するものも

自分の目に止まるものも

 

もちろん私自身も例外でない

 

そのことは頭の隅に置いておきたいです

その上で

SNSとうまくつきあいたいなぁと思います

 

OM

直接会うこと

先日、Madhya Year End Party をしました

なにせ、Madhya はちょっと遠い

ほとんどの人にとってアクセスしにくいし

時間のかかる場所にあります

 

IMG_0556

酒造りの道具をワインクーラーの代わりに

 

 

だから、クラスがあったりすると

コーディネイトすることが難しくなりますし

またちょっと顔だしてすぐ帰るというようなことも

そう簡単にはいかない

サンガの中には、すごく遠方にいる人たちもいるから

そうなると来たくてもままならない

 

そんな中で

それゆえに

あの日あそこに集まってくれた人たちが

直接会うということを

時間を一緒に過ごすということを

とても大切にしてるということを

肌身で感じて

なんか嬉しく思っています

 

たった1時間のクラスのために

倍以上の時間かけて足を運んでくれたり

 

会も終盤の時間になっても

仕事が終わって

遠くから

あの不便な場所へ

顔見せに来てくれた

 

短い時間でも

やっぱり会って言葉を交わすことって大切

 

SNSなんかでのやりとりとは

比較にならないような

豊かさがあります

 

より一層近くなる

より一層お互いを知ることにつながる

 

直接会うこと

直接会うことの大切さ

その類い稀なこと

唯一無二の貴重な機会

 

一期一会

 

IMG_E0533

ヒンメリは精霊信仰から生まれ、聖域や結界を表すのだそう
幸運・豊穣・健康を招く 素敵なプレゼント

時間を割いて

足を運び

顔みて

話をするということ

 

会いに行こう

って思うこと

 

もちろん

サンガのみんなが集まったわけではないし

今回来れなかった人たちが

会うことをどうでもいいって思ってる、なんて思わない

 

多分

いや、きっと

行きたかったなー

行けたらよかったのになー

って思ってくれてるだろなって

知ってます

 

知ってるって書いたけど

別に確認したというわけではなくて

 

それに、そもそも口ではそう言うよって

思うかもしれないけど

 

でもね

なんだろ・・・う~ん

 

でもやっぱり

知ってる

 

だって、そんな風な人たちだから

ふふふ

 

会うことで

すごくたくさんエネルギーもらった

 

きっと

あの場所にいたみんながそうだったと思います

 

土曜の半日は

NYC一回の訪問に匹敵するくらい

元気の源になった

 

素敵なサンガ

 

一年のしめくくりの月の

第一日目に

こんな素敵な時間が花開いて

 

何から何まで

てきぱきと用意して

すっかりきれいに片付けて

途中買いに走ったり

遅れてくるひとを暖かく迎え入れて

心に響く素敵な歌を歌ってくれて

みんなを底からチアアップするような

ダンスを教えてくれて

 

たくさんの会話を重ねた

 

IMG_0559

ビデオとりながら、ほんとに楽し可笑しで・・・笑が止まらない

 

 

翌日も

思い出してはにやにやしっぱなし

 

直接会うということの

計り知れない豊かさと

大切さに触れた日

 

 

 

much much love