読むこと

 

今日は明日の講座のテキストを見直していました

 

最近、近視が進んでしまったせいか

目がひどく疲れやすく

本を読むのが億劫になっていました

 

そうなると

読むという習慣がついつい疎遠になりますので

読みたいんだけど・・・読めない・・・

と思いながら日々が過ぎて行きます

 

身体的に不都合なことがあると

つい、避けられない変化は如何ともし難く・・・と

理由つけて納得したくなり

仕事に必要な最小限さえカバーしたら

趣味のものは、またいつか・・・

とあきらめ気味でした

 

今日もテキストを読みながら

読むということをめぐって

そんなことが頭をかすめてゆきました

me, both the.JPG
日本語訳だけだと迷子になるので英語訳も一緒に。サンスクリットで読めるほど精通していない限り「翻訳」という作業が必ずどこかでなされているので、私はいろいろなマテリアルを上手く使いたいと思っています。

 

そしてふと

閃くものがありました

 

そういえば・・・

我が家のシニアたちは

70、80になっても

また90に手が届きそうでも!

結構な量の読書をします

 

 

母は随分な年齢なのですが

空いてる時間

やはりとても集中して本を読みます

 

 

彼女が集中しているのがわかるので

私もできるだけ邪魔をしないようにします

 

 

叔父や叔母たちも同様で

研究者という仕事柄もあるのでしょうが

読むということへの熱意には驚くものがあります

 

 

もちろん彼らの誰もが

年齢とともに視力の衰えや軽い故障を経験しています

 

 

それでふと父が亡くなった時の光景を思い出しました

お通夜で遺体の側に交代して付き添うのですが

その時、仕事の合間に駆けつけてくれた叔父たち叔母たちは

交代して休む時、やはり何か読んでいました

多分、読む必要のある論文や資料だったのだと思います

 

 

それは、ちょっとシュールな光景にも思えますが

同時に不思議に日常でもありました

 

 

彼らは父の遺体に交代で付き添い

思い出話をかわし

残された家族を思いやり

駆けつけてくれた人たちの対応をし

急ぐでもなく、粗雑にするでもなく

隙間ができたら

自然と今できることをするという感じでした

 

 

その周りは静かで穏やかだったのを思い出します

 

 

生活という日常を考えると

私たちはいろいろなことと関わりながら日々を暮らしています

時間と体力と興味と義務と

それらをその時の優先順位に照らし合わせて

天秤にかけながら

工夫してそれらと向き合う

 

 

母たちを見ていると

それはいずれ工夫を越えて

自然になるのだろうなと思います

 

 

私も読むことを諦めないようにしようと思います

 

そして目が疲れるから減らそう・・・でなくて

そのためにできることをしてみようと思いました

 

 

目を休ませる時間をとって

目を疲れさせない工夫をして

読むことの習慣に戻れるように

 

 

何かの答えを求めて読むことは最近減りました

ただ、読むことを通じて

私は豊かになります

 

 

それは忘れているものを蘇らせたり

見えていなかったものに気づかせたり

読むことは私に喜びをもたらします

 

それを失わないようにしたいなと思いました

 

 

まずは手始めに

ディスプレイに向かう時間を減らそうと思います

 

 

秋ごろにはどんな変化があるか楽しみです

仕事の仕方

 

 

金継ぎを習うようになって

改めて大切にしたいなと思うことがあります。

それは道具の扱い方と

始まり方と終わり方です。

 

毎回、そのことに気をつけて

練習するよにしています。

 

作業はただその扱っているものを

綺麗に制作したらそれで良いというのではなくて

その道具類一式をどのように扱うかも

創るということの内だということを

先生方を見て学んでいます。

 

 

これは今日の作業の一つ
ぱっかり割れたところを刻苧で埋めて磨いたもの
漆の作業はひたすら磨くことです

 

 

 

茶道のようなものではないので

扱い方に型があるわけではないのですが

毎回の作業の段階で

道具とその場を効率よく

でも丁寧に綺麗にすること。

その一区切りが次の作業に影響してゆきます。

 

型は封じ込められて苦しいという考え方があります。

 

でも、ヨガを実践するようになって気がついたのは

型と取り組むことで

解放することを学ぶということでした。

 

型はそれに囚われていると苦しい。

型はうまく使っていくものだと気がつきます。

 

漆の作業という場面で

私なりの無駄のない動きを探しています。

 

それは作業そのものだけでなく

私が創るものもやはり変えていくだろうなと感じています。

 

それに関係して

ふと頭に浮かんだことがあります。

 

仕事でもなんらかの作業でもそうなのですが

最近、自分が扱っているそれさえうまくいけば

あるいは小綺麗にまとまれば

周りの状況には無頓着という姿勢を

目にすることが多くなったように思います。

 

自分が関わる作業さえ問題なければ

道具類が散乱して他の人の邪魔になっても

また、扱い方が乱暴で

周りのものを破損したり汚したりしてしまっても

気にならないようです。

 

作業に限らず、いろんな場面で

周りに気を配る人が減ったように感じます。

 

美しく作業する人は魅力的だと私は思います。

 

私が実践しているヨガでは

どのようにその空間の中で自分のマットを敷くかから

次の人が使いやすいように整頓してプロップを片付ける

一緒にその場にいる人のことも配慮するなど

周りへの意識を持つことも

アサナと同じように大切なプラクティスです。

 

それは

アサナが体に及ぼす影響と同じように

私たちの日常に

私たちのあり方、生き方に影響を与えます。

 

今、そうしたことは重要ではないと

考えるのかもしれない。

 

それは時代・価値観の変化で

失ったものの代わりに何かを得たのかもしれない。

 

でも、私などはそれを残念に思います。

 

 

 

一流の人の特徴

 

 

SNSに上がってくる記事には

注意を引くようにセンセーショナルなタイトルがよくついてて

それで読んでみたりすると

結局、たいしたことは何も書いてないのが多いというのが

私の印象なのですが

文化から政治・経済にいたるまでお手軽で三面記事のように

ついざっくり目を通してしまったりします

 

 

今朝、ふと目に入ったのが

「一流の人は人から嫌われても気にしない」というようなタイトル

ほぉ、と思い、どれどれと読んでみました

 

 

ヨガを指導するという仕事について

自己受容や自己信頼

あるいは、本来の自分などということについてどう伝えるか考える機会が増え

それらの延長線上にいつも浮上してくるのが

多くの人が周りの視線を気にして自分らしく生きられない

嫌われたらどうしようと不安に感じているということでした

 

 

それは、自分らしさを表に出せない

出し方がわからないということから

期待される役所を演じることに一生懸命になったり

自分らしさが置いてきぼりになって周りの力に振り回されたりと

いろいろあるだろうなと思います

 

 

それについて何かヒントになることが書いてあるのかな?と思って

読んでみたのだけれど

内容自体は取り立てて目新しいものではありませんでした

 

 

ただ

嫌われても気にしないとか

周りから人が去っていくことを恐れないとか

時間を大切にするとか

そういうありきたりのアドバイスの中にひとつ

あぁ、これはそうだろうな、と思うものがありました

 

 

それは

好き嫌いで仕事している(そのように表現されていました)

ということです

 

 

企業だとたくさんの人が一緒にあるいは連携して

仕事をするわけですから

そこを好き嫌いで判断するとまずお仕事にはならない

そのような姿勢では「一流」には程遠く

また、それが論旨ではないだろうと思います

 

 

それは仕事を個人的な嗜好で選り好みしてるとか

クライアントの好き嫌いで対応をかえるとかそういう意味ではなくて

多分、自分の好きなもの

自分が共感するものを大切にして

それが仕事をする上で

あるいは生き方の軸になっている

ということなのだろうと思います

 

 

私がこの記事を読んで

頭に浮かんだことは

いろいろな場面において選択をする時に

共感したり共鳴できたり

心地よかったり

 

私の言葉で言うと

心に閃くものを感じてたり

ピキンと響くものがあったり

 

(ここで言う)一流の人たちは

それを無意識に選んでいる、ということだと思います

 

 

そこに働いた勘に抵抗しないこと

 

 

経験からもたらされる勘

あるいは

何とは明言できないけど語りかけてくるもの

それらに正直であること

 

 

直近のあるいは目算する損得よりも

大切に、優先したいと思う

物や人や事

タイミングから小さなやりとり

あるいは間(スペース)にいたるまで

それに耳を傾けること

 

 

その記事の中では「信念が同じ」という言葉で表現されていましたが

私が思うに、それは

響き合うものを

その人や物や事と分かち合っている

ということなんだと思います

 

 

響き合うものの交流があり

共鳴や共有する形が生まれる

 

 

 

 

ここでは一流の人はそれを大切にすると書いてありましたが

それは何も社会的に成功を納めた人

に限定されるものではないだろうなと私は思います

 

 

例えば

ヨガというような自己探究の道では

歩みを進める度に一皮一皮剥いて

あるいは一枚一枚層を貫いてより深く内へと潜り

苦しく、また抵抗を感じるそれらの経験を重ねて

見知らぬ自分とより親密になってくると

そのような勘はいつの間にか身についてくるように思います

 

 

もちろん

道などと言わなくても

人生において多様な経験を重ね

同時に思慮深さが育つと

そのような勘が自然と育ってゆくのだろうと思います

 

 

社会的に一流になるかどうかは私にはわかりませんが

それは自分らしく

そして心地よく生きるエッセンスだと私は思っています

 

 

心に閃くもの

 

 

それを私は大切にしたいと思います

 

 

ヨガの仕事につくようになって年月を重ねていると

ますますそのような選択をしている自分に気がつきます

 

 

それはまた

私をリラックスさせ

そのことがまた少し私自身を本来の自分に近いところへと導きます

 

 

それは本来の生身の自分の深いところで響くものです

いわば

感度の良いアンテナのような

あるいは

障害物のない開いたチャネルのようなもの

 

 

それはそのまま活かしたい

 

 

文字通り

生かしてあげる

 

 

その時

本当の意味で

周りがどのように思っているかなどという事は重要ではなくなり

私たちは、間違いなく自分らしくあって

そして心地よくいられるのだと思います

 

 

そうした選択を重ねる事

その選択は必ずしも心地よいものではないかもしれない

 

 

ですが

それは自分を解放するだけでなく周りも解放し

そして私たち自身を豊かにする

 

私はそのように思います

 

 

 

OM

テツガクする

43F068BC-2520-4509-939A-3E0EF462C6BF_1_201_a

Rumi

ヨガについてヨガの人が話す時

力がこもるのはなぜだろう

 

ヨガを実践するところから

指導するところに至るまでのどこかにいると

 

そのことを話す時

そこに熱を帯びている

いや正確には

それは何かの宣言のように

立ちのぼってくる

 

力のこもり方とか

熱っぽさとか

時に焦げ付いた匂い

 

宣言という言葉を使ったのは

ニギリコブシとか

力みを感じたりするから

 

その熱は

別の言葉にすると

情念なのかもしれない

 

ヨガが素敵なのは

そしてヨガの恩恵は

多分、その熱っぽさが

ある意味無くなることなんだと思う

 

そのものとの間に距離があり

そのものとの間に空間がある

 

そして多分

それは言葉の表面的な強さや柔らかさ

激しさや親切さとは関係のないところにある

 

言葉が穏やかな時でも

あまりに対照的に

そこに浮き上がったものが

より一層揺さぶりをかけてきたりする

 

しがみついた意図や

婉曲の彼方に

 

哲学的に正しくあろうと執心することと

アサナに溺れることと

 

その二つから距離を置いたところに

おだやかさと

静けさと

慈悲がある

 

それはどこかに「行く」ことではないし

何かに「なる」ことでもないだろうと思う

 

そのことはつい忘れがちになるんだけど

それを心に留めておきたいなぁと思う

 

深まれば深まるほど

言葉は不十分で

言葉にはならなくなるんだと思う

 

SNSという場所で

ヨガについてなんて

話せるはずもない

 

それは実践の場にのみ

気づきとして立ちのぼってくる

 

ますますもって

そう思う

 

そこを行ったり来たりする自分

それを忘れないでおこう

 

 

 

 

OM

片付けと記憶

 

 

昨年よりぼちぼちと時間のある時にお片づけをしています

いろんなものがいっぱい出てきます

 

きちんと振り分けたり処分や整理せず

とりあえず仕舞い込んであったものたち

 

いや

どちらかというと

突っ込んであるというのが近いかな

 

忙しさにかまけると

そしてまた前ばかり向いて走っていると

それらが存在することすら

すっかり頭の中からきえてしまっています

 

まるで

透明人間になるマントをかぶると見えなくなるように

そんなヴェールに包まれて

そこに置いてあったものたち

 

お片づけって

利便性や衛生のため

空間を作るため

美意識のため

などなど

 

色々理由はあると思いますが

効率的に処分し管理する機会だけじゃなくて

有形無形のいろいろなものに出会う機会でもあるなと思いました

 

 

先日は机や書棚まわり

院生時代のものを一掃しました

 

たくさんのノートやメモ

テキストに文献のコピー

そして本

 

 

IMG_E4942

授業のメモ こんなものまで残ってました
じっと眺めて読むと面白しろい
好きなテーマはやっぱりわくわくします

 

 

引き出しの中はがらくたでいっぱい

 

大叔母の日本髪の写真

貝殻

母が名前を書いてくれた幼稚園の名札

織り、金属、和紙でつくられた美しいしおり

かちかちになった消しゴム

猫のカードたち

お土産の乗り物が動くペン

短くなった色鉛筆やコンパス

底にはビーズとクリップがほこりまみれ

そして

 

大量の写真

 

改めてそれらを見ることで

すっかり忘れていた記憶が蘇ることもあれば

また同時に

全く記憶にないものまで

 

 

普段こんな風に振り返ることはほとんどないから

今回のお片付けは

自分の変遷とこれまでの軌跡を

ちょっと遠くから眺めるいい機会になりました

 

この写真に写っている私は確かに私なんだけど

私だったんだけど

 

誰か知らない人で、そしてとてもとても近い人という

 

不思議な感じを抱いています

 

 

可能なら会ってみたいなぁ

会って話してみたい

 

 

その不思議な感覚と同時に

自分のこれまでをとても愛おしいと思いました

 

長い年月もほんとうに一瞬のようです

 

たくさんの山も谷もあったと思うけれど

残っているのはやっぱりそれらの道のりが素敵だったということ

いろんな経験を積んでたくさんのものを受け取っていることに

あらためて気づきます

 

どちらかというと

前のめり

視線は未来に向いてしまう

 

だからこれからも多分振り返ることは

あまりないだろうなって思って

写真もほんの少しだけ残して

あとはシュレッダーに

 

この話をしたら

友人は笑ってました

 

もちろんひょっとしたら

いつかそれらを眺めたいって思うのかもしれないけれど

 

本当に大切にしておきたい宝物を

お菓子箱1つ位に収まるほど残したら

あとは思い切って

斬新的に

処分しました

 

すっかり忘れていたもの達なのに

それでも片付けると

なんだか軽い

 

何もかも私の中にある

 

だから

大丈夫

 

そう思いました

 

そしてお片づけは続きます

 

 

LOVE

 

 

霧に漕ぎ出す

 

乗客の期待とはしゃぐ声を遠くに

潮風の心地よさで、体も心もふわりと解放された

その久しぶりの感触に驚いている自分を小気味よく感じる

 

海と空が溶ける水平線にぼんやりと目をやり

清々しい風を楽しむ

 

IMG_E4258

 

稀な時間

 

こんなにも海を欲していたんだと

自分でも意外なほどで

 

先を急いたり

予定したり

準備やら

思い煩うことが

すっかり頭の中から抜けてしまった

 

こんな風に頭が休んだのはいつぶりだろう?

 

IMG_4271

 

いや、そんなことはどうでもいい

 

だって、これほどに軽く

そして風通しいのよい感触だから

とにかく満喫しよう

 

この感触をすっかり忘れてた

 

 

右手の遠くに自由の女神が見えると

観光客が写真や動画を撮ったり

さえずるような話し声が絶えず

ビーチに向かう一行はまるで海の泡のようだ

 

肌に感じる潮風と

内にも外にも広がる穏やかさで

今日の海岸での時間は

とても素敵なものになるだろうってわかってた

 

IMG_4272

 

ふと、気がつくとあたりの景色が

柔らかな光を帯びてぼんやりとしている

 

そして、ほどけた綿菓子のような霧の波が

ゆっくりと船を横切っていった

 

 

 

船はいつの間にか速度を落としていた

 

水面を漂う水蒸気の集まりが

だんだんと虹色を乱反射する薄銀色の幕に変わる

 

幕はより一層濃く厚みを増し

景色はそのヴェールに包み込まれてゆく

 

興奮気味だった女学生ぐらいのグループの話し声は

だんだんとトーンダウンして呟きに近く

その声には、言葉に上がらない不安が漂っていた

 

 

 

私はといえば

その現象に魅了され、霧を楽しんでいた

霧に包まれるのは久しぶりだったし

それが海上となると初めての経験だったから

 

振り返ると、白い光を放ちながら

海にぼんやりとしたアークが浮かんでいた

 

 

IMG_4276

 

 

船のエンジンの音が響く中

虹がまるで祝福のように伴走する

 

あたりはさらに深い霧に包まれて

前の席に座る女性の頭もぼんやりするほどだ

 

遠い昔、アラン島だったかの話を読んだ時に

頭に浮かんだ光景と同じ

 

深い霧はひんやりとする

その水滴で

肌は潤い、そして冷えていった

 

IMG_4278

 

un fore seen

 

前方が・見え・ない

そしてもちろん後ろも見えない

 

予期せぬこと

 

人生はそれに満ちている

 

 

 

この霧はどこまで深くなるんだろうか?

海の上のはずなのに

中に浮いているようだ

 

感覚はいつも通り「私」の居場所を探ろうとする

 

何も見えない

 

このルートは coney island が左手のはず

 

 

 

dis oriented

 

定位置から・遠のく

 

海の上なのか

海の底なのか

岸に近づいているのか

ただ漂っているのか

 

人は慣れない出来事に抵抗しさまよう

 

 

 

私はどうだったのだろう?

 

ふと頭をよぎる記憶

私は二度あやうく水難事故を逃れた

 

 

 

一度目はとても小さい頃

夏の琵琶湖で

浮きが腰まで下がって頭が下になって起き上がれなかった

ばたばたしていたのだろうけど

多分苦しかったのだと思うが

私の目には、そこにいるはずのない

とても鮮やかな赤い色の金魚が映っていた

気が付いて救い上げたのは父だった

救い上げられて泣き出したのを覚えている

 

IMG_E4294

 

 

二度目は学生の頃

波乗りに行った高知で

台風が来る前の河口だった

大きくうねる波に飲まれて

海底をずるずると沖に引き込まれた

なんども岸に向かおうと砂を掴むのだけれど

沖へと引き込む力は抵抗できるようなものでなく

その内、疲れてしまって

抵抗をやめた

 

すると波が

まるで怒りが慈悲へと振り替わったかのように

その力をゆるめ

そのまま私を岸の方へと押し戻したのだった

 

あれは言葉にはできない不思議な経験で

あの時一緒だった友人たちにも

実はこの話をしていない

言葉にできなかったのと

自分でもそれをどう理解していいのかわからなかったから

 

それに、みんな、私が溺れていることにすら気がついてなかった

 

 

IMG_E4295

 

水に惹かれる

 

怖いと思ったことはないように思うのだけど

同時に恐れてもいるんだと思う

 

あるいは予期せぬ現象を楽しむような

あの穏やかさの底を流れていたのは

方向を見失ったという不確かさだったのかもしれない

 

 

 

霧の向こうに薄ぼんやりと丸い輪郭が浮かび上がる

 

朝なのか夕なのか

今という時間でありながら

それはどこでもないようだった

 

霧の中の時間は

幻想と現実のあわいのようだ

 

IMG_4309

 

 

目前にゆったりと鉄橋が浮かび上がると

水面が陽の光を反射する

 

霧が少しづつ晴れると

後ろの女の子たちがぼつりぼつりとまた会話を始めた

 

そこから左右に幕を引くように

あのほどけた綿菓子がいくつも漂い出して

水面にダイヤがばら撒かれる

 

 

IMG_4280

 

岸よ!

 

後ろで声が上がる

 

おぼろな霧の名残の向こうに

緑の岸が見えた

 

安堵がデッキに広がり

同時に私は少し残念な気持ちを抱く

 

IMG_4303

 

どこに向かおうとしていたのか

どこから向かってきたのだったか

今どこにいるのか

 

何度も見失い

何度も軌道らしき方向へと戻る

 

その彷徨う時間を

愛おしいと思う

 

 

 

 

 

ヨガで着るもののこと

 

ヨガのウェアはコットン素材が好きです

普段のものも天然素材の方がやはり好きです

 

ヨガウェアは他の素材を試したこともありましたが

結局、コットンに落ち着いています

自然素材が好きなのは

肌が呼吸できる感じがするからです

肌呼吸の感触は

特に自分がプラクティスする時、大切にしています

 

色も柄も楽しんだこともありましたが

結局、原点回帰して

白、黒、グレー、紺、茶などが落ち着くので好きです

 

もったいないので手に入れた華やかなものも着るようにしていますが

好きな色で、心地よい素材のものに

つい無意識に手を伸ばしてしまいます

 

 

IMG_4253

とにかく肌感触の良いものを 赤以外はオーガニックコットン素材です
フューシャは私にしては珍しいですがお気に入り
赤いのは今は無くなってしまったメイカーのもの
コットンではないのですが旅行には軽くて速乾性があるので重宝します

 

 

肌触りの良いコットン素材で色が落ち着いたものだと

普段の服に合わせることもできて便利です

新しく購入する必要のある時は

練習や指導以外の場面でも使えるように考えます

 

また普段に着るTシャツやタンクも練習で使います

 

環境のことも考慮し

可能であればオーガニック素材を選ぶようにします

プラスティックがもたらす環境への影響を意識して素材選びをする方も増えてきましたね

 

たくさんのものを手に入れた時代もありましたが

今、新たに購入するなら色々な側面から厳選して

そして増やさないように心がけています

 

そうするといろんなことがシンプルになってきました

 

よりシンプルにいきたいと思っています

 

OM